社長ブログ リンク スタッフ募集

青森ヒバの魅力

日本固有の樹種「青森ヒバ」は、ヒノキ科アスナロ属の針葉樹で、和名をヒノキアスナロ(学名:Thujopsis dolabrata)といい、木曾ヒノキ、秋田スギと並んで日本三大美林の一つです。国内蓄積量の80%以上は青森県内にあり、下北半島に広く分布植生しています。青森ヒバにはヒノキチオールという成分が多く含まれ、他の樹種にはない優れた性質があります。

青森ヒバは、香木とも言われるくらい香りが強い木で、その香りは人を和らげ、落ち着きを与えるアロマ・リラクゼーション効果があります。また、木には陽樹と陰樹とがありますが、青森ヒバは陰樹に入ります。ほんの少しの光でも樹齢300年以上生きてきた不思議な力を持った木なのです。

「青森ひば」は他の木の3倍の時間をかけてじっくり育ちます

雪の多い地方でなければ育たないと言われる「青森ヒバ」は、北の厳しい風雪に耐えながらゆっくり年輪を重ねます。長い年月をかけてじっくりと成長した「青森ヒバ」だからこそ、緻密で狂いが少なく、木目も細やかで美しい木材になるのです。「青森ヒバ」が直径70センチになるまでには、300年かかると言われます。これは杉が同じ太さになるまでの3倍の歳月となります。
「青森ヒバ」は、その長い歳月で培った強固で細やかな木目により、木の大敵である水にも強く、腐りにくい性質を持っています。これを証明しているのが、青森県下北半島・猿ヶ森の約800年前に大津波によって埋もれ木になった「ヒバの埋没林」です。この木の調査からわかったのは、800年も経過した埋もれ木にもかかわらず、腐朽しているのは表面のたった2センチほどだけ。なんと中は今でも製材として使えるものがほとんどだったのです。


青森ヒバはヒノキチオールを含む「精油」を持っています

「青森ヒバ」から抽出される精油の中には40種類あまりの成分があり、その中の<ヒノキチオール>と<β一ドラブリン>には、非常に強力な抗菌作用があります。この2種類の成分をもつ木は世界でもまれで、日本では「青森ヒバ」だけです。
以上のことから「青森ヒバ」は、ひのきやイチョウなどの他の樹木に比べて、水に強く、またカビや雑菌に対して驚異的な抗菌力を持ち、シロアリを寄せ付けない唯一の木材なのです。


「青森ひば」が持つ4大効果

「青森ヒバ」シックハウスの方が使える唯一の木材としても知られていますが、この4大効果を活かすため、建材としてだけでなく様々な商品が開発されています。
特に「まな板」や「お風呂用品」はその効果を最大限に発揮する人気商品となっています。水を吸い込みにくいことから、使用後に天日に干す必要がなく、お手入れが簡単で長くご使用いただける事も、人気が長く続いている大切なポイントです。

抗菌効果:カビ、雑菌を寄せ付けない

「青森ヒバ」には、カビなどの多くの菌に対する抗菌性があることが判っています。この力は、青森ヒバ油に含まれる※ヒノキチオール等の成分によるもので、ひのきやすぎ等の樹木に比べて抜群の効果を発揮します。また、抗菌スペクトルが非常に広いこと、カビや腐朽菌に対して特に活性が高いこと、耐性菌の出現を許さないという特微かあります。
青森ヒバ油と※ヒノキチオールの各種菌類に対して、効果を発揮する最も少ない濃度の例を上げると、黄色ブドウ球菌の場合、1ℓ中に青森ヒバ油か僅か0.8g入っていれば黄色ブドウ球菌が近寄ることができません。
青森ヒバ油の使用実績では、インフルエンザウィルスの増殖抑制効果や院内感染菌の予防も報告されています。
また2005年には、※ヒノキチオールの“におい”だけでも殺菌効果があることが証明されました。

防虫効果:シロアリ・ダニ・ゴキブリを寄せつけません

ヒバで建てられた家には蚊やシロアリなどの害虫が近寄ってこないと言われています。シロアリに対する24時間後の致死量は1.20mgであり、非常に効果的な殺虫活性が認められています。また、蚊やゴキブリに対する忌避効果、殺虫活性も確認されています。

消臭・脱臭効果:不快な臭いを抑えます

「青森ヒバ」の持っている抗菌性は、雑菌を繁殖させないことの他に、雑菌から出る悪臭を防ぐ効果を発揮します。また、青森ヒバ油を芳香剤として使えば、独特な木の香りか嫌な臭いを包み込み消し去り、後には心地よい青森ヒバの香りか残ります。芳香は高貴で爽快感があり、こころとからだの緊張を和らげる本物の癒しの香りそのものです。

「ヒノキチオール」

ヒノキチオールは、1936年にタイワンヒノキの精油成分から発見されました。当時、自然界には存在しないといわれてきた7角形の分子構造を持つこの化合物の発見は、化学史上に残る偉業として世界的に評価されました。
ヒノキチオールという名前から、日本のヒノキにも多く含まれているように思われますが通常の日本のヒノキにはほとんど含まれていません。台湾ヒノキの自生数はかなり減少しており、現在天然ヒノキチオールを抽出できる原料は、そのほとんどが青森ひばとなっています。
ヒノキチオールは低濃度でも多くの雑菌類やカビ類、ダニなどの増殖を抑える力があり、青森ひばが発揮する4大効果も、このヒノキチオールの効果効能によるところが大なのです。
むかしから山里の人々のは、青森ヒバの樹液を火傷や切傷の薬として利用していました。この古くからの「ヒバの不思議」が現在では科学的に証明されたのです。

ページの上部へ