社長ブログ リンク スタッフ募集

青森ヒバで家を建てる

家を建てる時、木材選びには青森ヒバをお勧めします。青森ヒバの特性、防カビ・防虫・防湿・防臭効果は家を建てる上で、建材に求められる要素がすべて備わっているのです。他の木材と比べて圧倒的に腐りにくく、白アリ等の害虫も寄せ付けません。一生ものの家を建てるのですから、選択肢のひとつに、青森ヒバも検討されてみてはいかがでしょう。

青森ヒバの特性

雨上がり、湿度85%で撮影しました。
樹皮から2cm程黒ずんでいるのがお分かりいただけますでしょうか?これは、伐採した時は白で、湿度が高いとカビが生えて黒く見えるのです。
この部分を「白太」といいます。(黒いのに白太といいます)ですので、この白太部分の製品は水回りには使用してはいけません。
しかし、この白太部分から内部へはカビは侵略してきません。それが、青森ヒバの優れたところ!
200年以上、青森県下北半島の厳しい風雪に耐えて成長した青森ヒバは、簡単には言い表せない不思議な魅力があります。


なぜ木で家を建てるのでしょう?

最近、とても興味深い記事を読みました。
(静岡大学農学部家畜飼育科の実験だそうです)

①コンクリート製巣箱
②金属製巣箱
③木製巣箱
それぞれの素材の巣箱で同時にマウスの飼育実験を始めたところ、

①コンクリート製で生き残ったマウスは7%
②金属製では41%
③木製では85%

という驚くべき結果が出たそうです。
木が持つ自然の調湿性や保温性がよくわかる結果だと思いました。

全国にある鉄筋コンクリートの校舎と木造の校舎では「インフルエンザでの学級閉鎖率」は2倍以上違うそうです。もちろんコンクリートが高くて、木造が低いのですが・・・。
この記事の筆者の方は、コンクリート製建築は知れず知れずに人間に過大のストレスを与えてるのではないか・・・と仰っています。
コンクリートの中のマウスは極めて攻撃的になってくるとのことです。
木製の中では、お互いに毛づくろいしてスキンシップをするのですが。

ですから、この方は「日本全ての学校・集会所・介護施設」などを「木造」で建てるべきだ・・・と仰っております。そうすれば「イジメ」が激減するのではないか・・・と。

確かに解かる気もしますね。殺伐としたコンクリートの建物よりも、木製の建物のほうが落ち着くし、優しい気分になれそうな気がします。

青森ヒバで家を建てるのはむずかしい?

せっかく家を建てるなら、青森ヒバで建てたい!」
ところがこれまでの私たちの経験から言うと、
青森ヒバで家を建てるのは難しいと思っている方が多いのです。

・青森ヒバってお高いんでしょう?
・設計士にさんに「米ヒバ」と勘違いされた
・材料を持ち込もうとしたら工務店さんに断られた
・結局ヒノキと一緒なんでしょ?

こんなご相談やご質問を受けることがあります。
ですので、ぜひとも青森ヒバでの家づくりをお考えでしたら、
まず最初にわたしたちにご相談ください!
青森ヒバの一大産地である下北半島で製材所を営んできた経験と知識で、一生ものの家づくりのお手伝いをします!

われら3人、名付けて「ヒババッカーズ」(ヒバ馬鹿?!)

ささいな疑問でも家づくりには禁物です。
お気軽にお問い合わせください。

(有)長谷川製材所

〒039-4401 青森県むつ市大畑町筒万坂24 TEL:0175-34-2527

自らも設計を手掛けますので、木の家づくりのノウハウに関しては誰にも負けない自信があります。
設計士さんに依頼する前に、ぜひご相談ください。

(有)島木材工業

〒039-4601 青森県下北郡大間町蛇浦道11-7 TEL:0175-37-2071

家の根幹はなんといっても「土台」です。青森ヒバの腐りにくさ、耐久性の高さは中尊寺金色堂や弘前城に使われていることからもおわかりでしょう。土台のことなら当社にお任せください!

(有)村口産業

〒039-4502 青森県下北郡風間浦村易国間字大川目6-7 電話0175-35-2147

内装材や家具に関しては、お任せください!あなたのアイディアを実現するためのお手伝いができると思います。オリジナリティあふれる家にしたいなら、お気軽に声をかけてください。

ページの上部へ