小学校3~4年生いらっしゃ~い

楽しい小学生が遊びに来てくれました。

なんか自分も一緒に遊んだ気がします。

それでは、楽しいハチャメチャ勉強会を始めます。

Ka1

まずは、工場説明から
Ka2

みんなに、LAL用箸をプレゼントです。

そのあと、ヒバ爆弾の威力を生徒たちに教えたのです。
なにもテロをそそのかしたわけではありません。

みんなの前で、『いま小便したいやつはいないか?』と
聞いたら、いました男の子5人手を挙げました。
みんなに、ナイロン袋の中に爆弾をいれさせ、
『よし、これからトイレに行ってその袋に小便して来い』と言うと張り切ってトイレに出発しました。

出てきました。みんな袋を振り回しながら帰ってきたので、
あんまり振り回すな!と言いながら
『さーみんなそれぞれ自分のおしっこをかいでみてください』と言ったら
真剣ですね。素直ですね。うれしいです。

『あ!なんも小便の臭いがしね』
先生にも『本当に臭いしねよ』と顔に近づけたら先生後ずさりしてました。

Ka4

Ka5

Ka6

もうこれで、勉強は終わったと思いました。
でも先生の手前、ちょっとはやっておかないことには格好がつかないから
Ka7

ちょっとだけお勉強です。

Ka8

こんな場所で勉強させたいなー
Ka9

自然な土地があるんだから、もっと自由な勉強が出来ないもんかな
Ka10

Ka11

子供たちと遊んでいるとなによりも楽しくなりますね。
これで、子供たちと約束したウニ・アワビ持参で来てくれたら幸せでしょうね。
みんな遊んでくれ楽しかったぞ。
ありがとう。

HPをこうしたい。

そんなことで、ヒバの大木を探しに山へでかけました。

蛯子カメラマン・山を知りつくしてる加賀さんと三人です。

Yama1

魚がいそうですね。
Yama2

山へ入ります。
Yama3

なぜか、こんなところをくぐります。
Yama4

山頂に近づくにつれヒバ林が見えてきました。
気持ちいいです。
Yama5

20分ぐらいで到着です。
Yama5_2

山々は、最高!
緑がいっぱいです。
さ~大木を探しましょう。
Yama10

ありました。
さっそく、カメラマン撮ってくれてます。
よく見ると、
ちゃんと大木のそばから小さな幼木が頑張って育ってます。
Yama7

その大木の根元には、たくさんの稚木が目をだしています。
みんな一生懸命です。
ここは、淡い緑です。
Yama11

廻りを見渡せば緑色一色です。
こんな場所に、みんなを連れてきたいですね。
ただただ、のんびりしてて自然から元気をもらう
こんなのって、いいと思いませんか?
加賀さんは、そんな人がいたらいくらでも案内すると張り切ってます。
Yama16_2

これで、一度帰ったのですが忘れ物でもしたようにもう一度一人で向かいました。
緑色を見たかったのです。
自然を表す色は何色からできてるんでしょう。
Yama18

こんな緑もあれば
Yama19

こんな緑で出来てるところもあります。
Yama17

そんな緑のなかに、小さな花園がありました。
今度、ここに来たら是非この素晴らしい自然に触れてみてください。
真夏は、アブなどがいますから9月以降か5月から7月までかな?
カメラマンの蛯子さんも、山を知り尽くした加賀さんもお待ちしております。
ブナ林も見れます。
まずは、連絡お待ちしております。

奥戸(おこっぺ)小学校木工体験

すぐ目の前にある流木で遊んでみることになりました。

ヒバの枝を、薄切りにした0.3mmぐらいしたものとで

照明スタンドを作る。

ちょっと難しかったようでしたが、親子での合作

うまくできました。

やはり、子供の発想だけに素晴らしい作品ばかりでした。

先生の作品もありますので一緒に見てください。

Oo2

Oo3

Oo5
Oo6
Oo7
Oo8
Oo9
Oo11
Oo12
Oo13

子供たちと作ったり遊んだりすることで楽しくて勉強になります。
発想がすばらしいですね。
みなさん、本当にありがとう。

若いですね。

金沢さん75歳。

川崎から一人で運転し北海道旅行の帰り寄ってくれました。

うれしいもんですね。

工場そっちこっち探し回って

また、車にいっぱい積んで帰りました。

金沢さんが言っていました。

『青森ヒバのおが屑はいいぞ!

ゴミ入れの底にちょっと、出すときにちょっと振りかけるだけで

臭いが消え部屋がまったく臭いがしません。

香りがよくて気持ちがいい』とのことでした。

寄ってくれたことにも感謝しヒバをほめてくれたことに感謝でした。

Kana

看護師の卵

将来は看護師になるために、ここに研修にきました。

わいどの家に泊まりながらの勉強でした。

卵なんだけど、これまたデッカイ卵で1m73cmもあります。

そんな、綾ちゃん五所川原生まれ、お母さんは駅前で『つるつる軒』

というラーメン屋におります。

今度、食べに行く約束をし、娘になった綾野ちゃんは今日青森の大学

に帰りました。

また、来るんだぞ!がんばれ。

Aya1