うんこらしょ

E1_1 ある村に、昔からの満1歳になったら

一升餅をおんぶすなければならない習慣が

あったとさ。

それって何するの?

さー私が今回の主人公恵真でーす。

お父さんは、変な外人で何故か変にのりにのってまーす。

さっそく、お父さんは恵真の大好きな音楽をかけ始めました。

E2_1 恵真、なにがなんだかわからないけど

重いものを頭からスッポリ。

なんだこの重いものは?

はじめはみんな笑ってたから

恵真もついついふんばって笑ってたけど

だんだん重くなってきました。

そんな恵真の気持ちも知らないで、みんなは笑い続けていました。

E3_1 こうなったら泣いちゃおっと

そうでもしないと終わらないもん。

変なお父さんは、それでももっと頑張ってだって

恵真もうやってられないわ!

これだけふんばって頑張ったんだから

ちょっとは恵真をほめてよ。

E4_1

見て!この重いものはデッカイお餅だったんだ。

こんなに、大きいのを二つもおんぶしてるのよ。

なんで、うんこらしょしなきゃいけないの?

どうせこれが終わったらお父さんは、全部

甘ーいおしるこにして食べちゃうんでしょ。

それなのに・・・

E5_1 あー終わったと思ったら、

なんでまたおんぶが始まるの?

それも今度は、二つ一緒に背中に!

また、みんなが笑い出した。

恵真また踏ん張らなくちゃ

なんで??

もう 終わってよお願い。

E6_1 後ろが重いよー

お母さーん変なお父さんをどうにかしてー

今日は、恵真にとって何の日なの?

もうだめ!

恵真 もうお餅大きらいだー・・・・・

「うんこらしょ」への6件のフィードバック

  1. あたちのパパも一歳のお誕生日にお餅をしょわされたんだって。もう半世紀以上前のこと。でも違うのは紅白のお持ちではなく、のし餅だったんだってさ。あたちだったらしょわされる前に喰っちまうどおー!

  2. 恵真ちゃん、大忙しの一日でした…。大人達のわがままにつき合ってくれてありがとう。恵真ちゃんのお父さんは餅担ぎをしたことがないので、その分張り切ったのでしょう、きっと。一番大騒ぎして嬉しそうだったのはお父さんでしたね^^;
    もうお餅は担がなくていいですよ^^お母さんは恵真ちゃんにもいつかおいしいおしるこを食べさせてあげます。お誕生日おめでとう!

  3. 追伸:恵真ちゃんの餅担ぎ&誕生日パーティにおつきあい下さった村口さんご夫妻初め、皆さん本当に有り難うございました。恵真ちゃんのお父さんのハイテンションにも懲りず、どうぞこれからもおつきあいください…^^;(ペコリ)

  4. 恵真ちゃん
     誕生日おめでとう。今のうちに下北・日本の良いとこみんな知って国際人になって下さい。仙人の次女も英国人の嫁になって世界を放浪してます。おじいさんが行った時、顔見でな~。

  5. Dear fellows,
    We are now, in London to join a wedding ceremony of Sae, Sennins second daugter.
    Please say hallow to Emachan!

  6. まずは、おめでとうございます。
    さえちゃんきれいだったべなー。
    さすがの、ひば仙人も涙を流したりして?
    来年あたりは孫の子守でまた行かなきゃ
    ならなかったりして、そのたんび
    我慢しなきゃなねーぞ・・・プカプカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>