Ke1

Ke2

Ke3

250年以上経ったヒバには、いろいろな歴史を感じさせるしるしがあります。

年輪をたどると、その時々のことが分かるのです。その、しるしが上の写真にあるようなものなのです。

まな板などでも柱材などでも、まったくシミ一つ欠点がないものはないのです。

長い歳月の中、自然のなかで育つには大変なことが数多くあったことだと思います。

そんなことを考えたら、ちょっとのシミみたいなもので嫌われるヒバは可愛そうです。

どうかそんなことを考えて、ちょっとのしるしぐらいは気にせずヒバを愛してくれたら嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>